キャッチャーの存在意義について

素人から見るとキャッチャーは、ただボールを受けている壁で、一番楽なポジションだと思われがちです。婚活パーティー

しかし、実際は一番野球に詳しく、かつ、ピッチャーの次に体力の消耗が激しいポジションといえます。蟹・かに チルド

中腰で、何時間も座っている事を想像してみるとわかるかと思いますが、普通の体力じゃ無理です。登録販売者

また、敵チームの打者の情報を分析し、ピッチャーが抑えれるようにリードする必要もあります。

もちろん感覚的にリードしている人もいますが、キャッチャーとして本当に能力のある人は分析力にもたけています。

そのため、日夜研究を繰り返す必要があります。

また、ピッチャーという人種は基本的に傲慢ですので、そういった人をきちんとコントロールできるような人間力も必要とします。

そして、状況に応じて守備陣を動かす必要があるので、冷静な判断力も必要とします。

キャッチャーというのは、言い方を換えればグラウンド上の監督でもあるので、全体を見通せる賢い人物である必要があります。

Link

Copyright © 1996 www.gechurch.org All Rights Reserved.