帳消しにする裁定)が認められない可能性が十分にあり得ますから

自己破産申請は自分の都合で一部の借入金を外して行う申し立てはできませんので高額なローン・親族などの保証人の記載されている貸与されたお金を除いての自己破産の申し入れは認められておりません。

ローンが残っている状態で自己破産の申告を実行した場合持ち家は回収されてしまいますことから住宅ローンを払いつつ(持ち家を所有し続けながら)貸与されたお金を精算したい際には民事再生という手段を選択することになるでしょう。

一方で、保証人が付いている返済義務のある借金が残っている場合だと、借入者が自己破産をすると、連帯保証人宛てに催促がいってしまいます。

さらには所有権のある財貨(駐車場、乗用車、有価証券又は保険など)は、通例は接収の対象になってしまう故なるべく手放したくない財産があるという方の場合や、自己破産申請をすると業務停止になってしまう専門的資格で生活をされているケースですと別の返済の仕方(任意整理または特定調停手続といった手続き)を使わなければいけません。

一方賭けまたはお金の無駄遣いによる負債があるときには自己破産の目的である免責(借りたお金を帳消しにする裁定)が認められない可能性が十分にあり得ますから、異なる借入金返済の手段(特定調停の申し立て、債権者との和解による任意整理又は民事再生)なども視野に入れて調査することもあります。

Link

Copyright © 1996 www.gechurch.org All Rights Reserved.